Step3 食堂パスのご案内

★★こちらご案内は2021年度入学生向けのご案内です★★

★★2022年度入学生向けご案内は12月頃公開予定です★★

ちゃんと食べると頑張れる!

 
食事は勉学研究やサークル活動など、充実した学生生活を支える重要な基盤です。
大学生協では、生協食堂の食事提供や食育活動を通じて、大学生のみなさんが自分自身で自分の食事や健康を考えられる(=食の自立)力を育めるよう、様々なサポートを行っています。
代替文字

安心な食生活を!生協からのご提案

大学生が節約する場合、真っ先に食事を削る傾向があります。生協では食事代を削って食生活の乱れをひきおこさないために、食事にだけ使用できる定期券=「食堂パス」を提案しています。
 

食堂パスのご案内


動画を見られない方はこちらをクリックしてください。
代替文字
食堂パスの特徴
①授業のある日には必ず使える食事パス。
②代金先払いなので、食事代を気にすることなく安心。
③一日の上限利用額までは何回でも利用可能。  

食堂パス プランのご案内

1日550円プラン

1日の利用限度額   550円
最大利用可能額  90,750円
価格 80,000






 
 
 
代替文字
ご利用できる期間
2021年4月9日(金)~2022年2月14日(月)

(講義のある日とその間の補講日が対象日です。土曜日・夏季・春季休暇期間は対象外です)

平日利用日数は、171165日間
※前期授業実施日確定により利用日を増やしました(2021/06/22変更)

ご利用可能店舗
・大食堂
・すみっこ(コンビニ)
・はじっこ(コンビニ)
*コンビニ店舗は、内製弁当・内製パン・一部サラダに限られます。
※ご利用期間内で、もし購入金額分を使い切れない場合には差額を返金いたします。
 返金はキャンパスペイへのチャージで行います。
※なお、残高を次年度の食堂パス代金に充てることができます(この場合の手数料は不要です)。
 

ご利用日カレンダー






※食堂パス提供日以外でも生協食堂は夏休み・春休みなどに営業しています。この期間は食堂パスは利用できません。キャンパスペイをご利用ください。

 

お申込み方法は、こちら⇒

 

大学生協の食生活案内

食の自立を支援、大学生協の食育

ちゃんと「ごはん」を食べてほしいから、大学生協食堂では、大学生の食の自立を支援しています。
代替文字
  • 食育活動の7つの視点
    ・バランスよく食べる                 
    ・正しい「食の知識」をもつ       
    ・自分で料理ができる               
    ・あふれる情報に対して自分で考える
    ・食べものを作る現場を知り体験する 
    ・日本の食文化を大切にする
  • ≪食の安心・安全の追求≫
    ●生産地・生産者の見えるお米を使用しています
    ●減農薬・有機農法によって作られたほうれん草を提供しています
    ●食品添加物自主基準を基にした仕入れを行っています


    ≪健康で快適な食生活の提案≫
    ●3群点数法を活用した食生活管理の提案を行っています
    ●アレルギー物質を含む食品の原材料表示を行っています
    ●提供メニューの主要食材の原産地表示を行っています
    ●「食」の大切さを考える生産体験・交流の取り組みを行っています
    に内容を入力してください

 

大学生協の食生活

節約するために、食事回数を減らしたり、簡便な食事が日常化している学生が増えています。
学生時代は少々無理をしても健康を害すことが少なく、つい充実した学生生活を支える「食」を後回しにしてしまいがちです!



 
無理な節約
教材購入やサークル活動・通信費を目的とする節約から発生する食費の抑制

食品を食事がわりに
安価・自炊が面倒などの理由から空腹を満たすためだけの簡便な食品や菓子などで食事を済ませる学生の増加

不規則な食事
不規則な生活のために欠食が日常化
  

大食堂の様子


動画を見られない方はこちらをクリックしてください。
 
受験生・新入生の方へトップへ戻る