大学生協職員に共通するソーシャルマインド

学生・院生・教職員のニーズに応えながら、
より豊かなキャンパスライフを一緒につくっていく大学生協の職員は全国で約1,775名※。
一人ひとりの個性は違いますが、共通する想いを抱いています。 ※2019年12月時点


 

笑顔

#人の喜ぶ顔が見たい!
人と関わることが好きで、誰かのために何かをしたい。
身近にいる人たちの笑顔を見るのがなによりうれしい。そんなマインドを持っています。
大学生協の組合員は全国でなんと157万人※。
一人ひとりが笑顔で毎日を過ごせるように、組合員の生活まるごとを、さまざまな事業活動で支えています。

 

好奇心・挑戦

#いろんな事に挑戦したい!
全国に広がる組合員の暮らしや将来設計、そして大学の福利厚生や研究に貢献するには、さまざまな事業の専門性と、その専門性を高めあい活かすことができる総合力が必要です。
主体性と好奇心をもってさまざまな仕事にチャレンジできることが“大学生協のしごと”の醍醐味です。

 

感謝

#感謝の気持ちを返したい!
大学生協職員の多くが、学びと成長の場である“大学”や自分の可能性を大きく広げることができる“学生時代”に魅力を感じています。
学生時代の楽しかった思い出、辛かった体験、さまざまな経験が自分や仲間を成長させてくれたという感謝の想いを、事業活動を通じて後輩たちにつないでいます。

 

価値創造

#新しい価値を創りたい!
私たちにとって、組合員の豊かな生活と成長を育み、将来の可能性を広げる魅力あるコミュニティづくりに貢献することは使命であり、やりがいでもあります。
だからこそ、大学や学内の生活だけでなく社会にも常に関心を寄せ、そこから何ができるのかを考え、行動することが求められています。

 

協働・協同

#人と人とをつなぎたい!
「人と関わり、一緒に何かを成し遂げたい!」そんな思いで働くことを決めた職員がたくさんいます。
共に働く仲間、学生、大学の教職員、全国の大学生協や地域の生協・団体と協働・協同できるのが大学生協の強み。
「ひとりは万人のために 万人はひとりのために」の精神が息づいています。
 
採用情報トップへ戻る