TOEICスタートパック

★★こちらご案内は2021年度入学生向けのご案内です★★

★★2022年度入学生向けご案内は12月頃公開予定です★★
 

大学の英語学習

大学・社会で求められる英語

 
代替文字
キャプション
受験勉強で求められる英語と、大学や社会で求められる英語の最も大きな違いは、
  • コミュニケーションを目的とした英語力が問われる事
  • TOIEC®により、英語力の証明を求められる事が多い事
です。大学や社会では、高校までの文法や文章読解に重点を置いた「受験英語」ではなく、「英語コミュニケーション」が求められます。
その力を示すものとして「TOEIC®」があります。
  
 

TOEIC®は社会での英語力を計るバロメーター

TOEIC®は自分の英語コミュニケーション能力が10~990点のスコアで評価されます。
日本国内の多くの学校・企業・団体でも英語力評価の基準として活用されており、学部によっては、一定以上のスコアをとると単位認定されます。
 

社会で必要なTOEIC®のスコアは600点!?

履歴書に書けるスコアは600点以上と言われています。600点のレベルは「英語を英語のまま理解できるレベル」と言われています。
 

大切なのは継続的な英語学習習慣

「TOEIC®について勉強するのが初めてで、どうやって勉強して良いのか分からない」
「いろんなTOEIC®学習の本が出ているがどれを読めばいいのか分からない」
「継続的に英語を勉強する習慣がないので、日々の勉強が不安」
こんな声を多くの学生から聞きます。大学生協ではそういった声にお応えして。英語系書籍の出版会社「アルク」と行動で大学生のためのTOEIC®学習のスターターキットをご用意しました。


 

英語学習用教材

TOEIC®スターターキット

TOEIC®スターターキットは単なるTOEICの対策教材ではなく、使える英語を身につけるはじめの一歩となります。
代替文字
 
  • 1日30分×40日のトレーニングキット
  • 英語学習の習慣化・TOEIC®L&Rテスト対策・学習サポートのパック
  • TOEIC®L&Rテスト完全模試+解説冊子付
  • 「無料スタートアップガイダンス」で教材の使い方の解説+模試
 
  


40日間特訓V講座付きプレミアコース

日々の学習はスマホでの講義視聴から!1日15分×40日分のTOEIC®ポイント解説講義動画を配信
  • 40日分の各項目すべてに対抗した講義内容
  • TOEIC®トレーナーのヒロ前田氏によるTOEIC®スコアアップのツボを伝授
  • 1日分の動画は約15分。繰り返しいつでも視聴OK
  • スマホ・パソコン両対応なので、自宅・通学でも気軽にどこでも視聴可能

受験生・新入生の方へトップへ戻る