【STEP②】生協・学生総合共済加入

 

学生生活のスタートは生協加入から


生協は組合員のみなさんの出資金で運営されています。

日本福祉大学生協は、大学より福利厚生充実のための業務委託を受けて、食堂やコンビニ、購買や書籍販売、住まいの紹介事業などを運営しています。生協のお店や食堂を利用する際には、出資して組合員になって頂くことが必要です。
 
生協の出資金は30,000円(120口)をお願いしています。
出資金はご入学時にお預かりし、卒業時に返還いたします。
生協・共済への加入手続きはWEBで行います。加入とあわせて、キャンパスペイ初回チャージ申込みもお願いいたします。 
 



生協・共済・キャンパスペイもっと詳しく説明を聞きたいときはこちら
下の冊子を事前にご覧ください。お手元に冊子をご準備いただき、WEB手続きにお進みください。

  • ↑加入手続きのご案内

  • ↑WEB加入マニュアル
 

<総合・学生総合共済編>



<学賠・一人暮らし・就学費用保障保険編>



<医療系学部編



 

学生総合共済の新型コロナウイルス感染症への対応について

  • 大学生協学生総合共済では、新型コロナウイルス感染症で入院・治療費が自費でも公費負担でも入院1日目から200日まで日額10,000円の入院保障。(学生総合共済BF型)
  • 給付申請は、プライバシー保護に十分配慮!
  • 詳しくは以下の「学生総合共済_新型コロナウイルス感染症対応について」をご覧ください。
 
 
 

WEB会員登録にあたって

「大学生協WEBサービス」への会員登録は、画面に従って必要情報の入力をしてください。入力にあたって、以下の点をご注意ください。

※ご登録いただくアドレスが下記からのメールを受け取れるよう設定ください。
@univcoop-tokai.or.jp / @univcoop-tokai.net
 

設定の仕方は以下のリンクをご確認ください。
docomoのかたは
こちら
auのかたはこちら
softbankのかたはこちら

代替文字
  「大学生協WEBサービス」のアカウントは、そのあとの生協加入の手続き以外にもパソコン・教材などの購入、自動車学校の申込みの際にも必要となります。ご登録いただくID(メールアドレス)とパスワードは忘れないよう大切に保管してください。

※すでに「大学生協WEBサービス」に登録済みで改めて申し込まれる方はお手数ですが、当生協へご連絡ください。
※他の大学生協ですでに「大学生協WEBサービス」へご登録されている方は、別のID(メールアドレス)を利用して登録いただくか、登録情報を削除いただいてから改めて当生協の「大学生協WEBサービス」へご登録ください。
※ご登録いただく個人情報は当生協が管理します。生協が定めた期間までに各種お申込み手続きを一切頂かなかった場合、当生協で登録情報を削除いたしますので、ご了承ください。

 

よくあるご質問

 

Q.生協って何ですか?

  •  大学生協は学生・教職員が自分たちの大学生活をよりよくするために設立した組織です。日本福祉大学生協は、日本福祉大学内で大学から業務委託を受け、学生食堂・購買部の運営、教科書・教材の販売など、学生・院生・教職員の福利厚生充実のため、様々な事業を行っています。
 

Q.生協には入らないといけないのですか?

  •  日本福祉大学生協は日本福祉大学の学生・職員・教職員の皆様から出資金をお預かりし、その出資金を元にして様々な商品・サービスを提供しています。生協の店舗や食堂、その他サービスの利用は、生協法により当生協に加入のうえ、ご利用願います。
  •  2020年度新入生の生協加入率は、91.9%です。
 

Q.生協に入るにはいくらかかりますか?

  •  出資金は、120口 30,000円をお願いしています。
  •  出資金は卒業時に返還いたします。
 

Q.生協に入るとどんなメリットがありますか?

  •  IC組合員証キャンパスペイが利用でき、キャッシュレスでお買い物・食事ができます。
  •  本を購入するときに組合員証を提示すれば、定価の10%引きで本を購入できます。
  •  文具や教材を割引価格で購入できます。文具は定価の2割引きです。(一部、割引除外品がございます)
  •  生協提携の自動車学校に、一般料金よりもお得な生協料金で入校できます。
  •  学生総合共済へ加入いただけます。
  •  安心安全な学生食堂が利用でき、食堂パスも利用できます。
  •  3年生になり就職活動がはじまる頃には、就活に役立つ情報をお知らせいたします。
   

Q.他の保険に入っているので、共済には加入しなくてよいですか?

  •  「大学生」には大学生のための保障制度が必要です。すでに加入の保険・共済があっても、あわせて学生総合共済への加入を検討ください。
  •  学生総合共済は、学生が万が一の時にも学費を継続できるようにすために作った制度です。保障内容は大学生活に特化したものになっています。今、ご加入の保険は、学業継続のために十分な保障になっていますでしょうか。
  •  生命共済は他の保険の加入の有無にかかわらず、病気・ケガによる給付を減額することはありませんので、ご安心ください。また、学生総合共済の掛金は、自分のためだけでなく、211大学、約71.9万人の全国の仲間のためにも使われます。健康で安全な大学生活を送るために困ったときはお互いにたすけあう、そんな「学生どうしのたすけあい」の制度である学生総合共済への加入をぜひ、ご検討ください。
 

Q.キャンパスペイ・初回チャージとは何ですか?

  •  日本福祉大生協のIC組合員証には生協が運営する食堂・購買で利用できるプリペイド式(チャージ式)の電子マネー機能「キャンパスペイ」が搭載されています。キャンパスペイは教科書の購入等にもご利用いただけます。キャンパスペイを利用するためには、IC組合員証にチャージ(入金)する必要があります。新入生の皆さんにはIC組合員証を受け取った日から、すぐに利用いただけるように「初回チャージ」をお願いしています。
 

Q.キャンパスペイは初回チャージだけしておけばいいですか?

  •  初回2万円のチャージをお願いしていますが、2万円を使い切った後は、その都度に追加チャージが必要です。
  •  追加チャージは、「自動チャージ(Tuoチャージ)」のお申込みをお勧めします。チャージ残高が少なくなると自動的に追加チャージされます。
  •  「自動チャージ(Tuoチャージ)」を申し込んでおけば、事前に現金をご用意いただく必要がなく、手元に現金がない時でも食事や買い物ができます。チャージの限度額があるので、使い過ぎの心配もありません。自動チャージ(Tuoチャージ)のご利用には、生協クレジットカード「TuoカードVISA」に入会いただく必要があります。
 

Q.食堂パスを申し込んだので、キャンパスペイのチャージは必要ありませんか?

  •  食堂パス、キャンパスペイともにIC組合員証の機能を利用したしくみですが、食堂パスは食堂でしか利用いただけません。購買店舗で教科書や文具、お菓子やドリンクをIC組合員証で購入する際には、キャンパスペイへのチャージが必要です。また、チャージをしておけば、食堂パスの1日上限金額(550円)を超えて利用した場合に、差額はキャンパスペイから引き落とされます。



 
受験生・新入生の方へトップへ戻る