生協からのお知らせ

学生総合共済に加入しているみなさまへ|お知らせ
新型コロナウイルス感染症にかかった方は、共済金の申請手続きを忘れずにおこなってください。
新型コロナウイルス感染症にかかった場合、
大学生協の学生総合共済に加入していれば、共済金を受け取ることができます。
退院または療養終了後に忘れずに手続きをしてください。
-このページの内容
-このページの内
-このページの内容
メガホン新型コロナウイルス感染症に関わる共済金の申請手続きのご案内

(1)手続きは、以下2つの方法で受け付けています。
療養終了後に以下どちらかの方法で手続きして下さい。

①フリーダイヤルに電話する。


0120-16-9431(コープ共済センター)
受付時間9:00~18:00 (月~土・祝日)
に、療養終了後にお電話をしてください詳しくはこちらもご覧ください。

共済加入期間中の罹患であればさかのぼって申請することもできます。

 

※3月中旬以降、お電話がつながりにくくご迷惑をおかけしています。
*土曜日・祝日は大変混雑致します。できるだけ平日のご利用をお願い致します。
こちらも参照いただき、混雑の少ない時間帯のご連絡にご協力いただけますようお願いします。

☆学生総合共済の新型コロナウイルス感染症に関するご案内はこちらもご覧ください。

②滝子キャンパスの生協本部にお越しください。平日10時~16時30分にお願いします。
3月中旬以降、お電話がつながりにくくご迷惑をおかけしているため、一次受付できるようにしました。
※大変申し訳ありませんが、滝子以外のキャンパスの生協ではお受けできません。ご了承ください。

(2)自分が学生総合共済に加入しているかどうかわからない、などのお問い合わせは名市大生協へお願いします。

こちらのフォームからお問い合わせいただくか
名古屋市立大学生協 本部(052-881-5906・受付時間 平日10時~16時30分)にご連絡ください。
※生協本部は滝子キャンパス学生会館1階・購買の奥です。直接お越しいただいても構いません。
 
チェック 新型コロナウイルス感染症以外の病気入院、ケガによる入通院などの場合も、共済金を受け取ることができます。
 例えば・・・
 ・ケガをして通院または入院した
 ・親知らずの抜歯のために入院した
 ・メンタル不調かな?と思い心療内科や精神科を受診した
 ・病気で入院した
 ・ご父母や扶養者様が急逝された場合

例のようなできごとがあったけれど、共済金の申請手続き手続きがまだだった!という方は、お早めに手続きしてください。
扉 新型コロナに関わるもの以外の共済金請求のしかたはこちらからご確認ください。

新型コロナ感染症に関わるもの「以外」については、名市大生協の窓口でも共済金申請手続きができます。
心配なことや「これは対象かな?」など、ご不明な点は、お気軽に下記へお問い合わせください。
 052-881-5906(名古屋市立大学生協本部・受付時間 平日10時~16時)
学生総合共済は「何かあっても学業継続に支障がないように」との思いのもと、「困っている仲間にお見舞いを贈る」「学生どうしのたすけあい」を、実際の経済的支援として制度化したものです。新型コロナウイルス感染症もカバーしていますし、それ以外の病気入院、ケガによる入通院の場合などにも、上記の例のように、共済金を受け取ることができます。
「学生総合共済」に加入している方は、共済金の申請手続きを忘れずにおこなってください。
学生総合共済は、2年生から、M1から、など、在学途中からでも加入できます。
あらたに加入ご希望の方は名市大生協へお問い合わせください。
こちらから資料をご請求いただくことができます。

 

生協からのお知らせ一覧へ戻る