【22新入生】英語学習教材のご案内

   

英語の習得には大学時代に2000時間

 

 

FSI(The Foreign Service Institute:アメリカの外務職員局)の発表によると、日本人が英語を習得するためには3000時間の学習が必要という事です。
中学・高校でおよそ1000時間の授業を受けてきていますので、就職して英語を使った仕事をするためには大学時代にあと2000時間の学習が必要です。
ですが、大学の講義を受けているだけでは2000時間の達成は無理です。
自ら英語の学習時間を作っていく事が必要です。
 

卒業後に英語を使わない人は関係ない?

「実用英語」の講義では、1年前期にTOEIC®IP試験でスコア550、後期にスコア600を目指し、2年前期にスコア650を目指す、とされています。(令和3年度シラバスより)
在学中に一定レベルのスコアが求められているので、卒業後の進路にかかわらず、英語の学習は必要です。
 

英語学習のスタートを支援するツール

でも、勉強をすすめるにも、本屋には多くの英語学習の本や教材があふれています。
どれを選べばいいのでしょうか。

大学生協から提案している英語学習の教材・講座を表にまとめました。
大学生の平均的な英語レベルに合わせた教材開発を行っていますが、ご自分のレベルに合わせてご検討ください。
 
 
TOEIC®TEST
スターターキット
電子辞書
英語コミュニケーション講座
英語レベル 低~中 全て 中~高
Reading
Writing
Listening
Speaking -
 
 

TOEIC®TESTスターターキット 40日間特訓V講座つき キクタンメディカル薬剤師編セット

●1日30分・標準学習時間40日間
●スマホやPCで視聴する1日15分×40日分の動画映像で、TOEIC®スコア600を目指す
●スコア300~600までのレベルに対応
●薬科大生の英語学習に役立つ「キクタンメディカル薬剤師編」をセット

代替文字
  

電子辞書

高校生までは「受験のために英語を勉強」してきましたが、大学生からは「英語で深く学習」をしていきます。
薬学の学びもサポートする「大学生モデルの電子辞書」をおすすめします。

●薬学の学びをサポートする医学大辞典付きセット

第2外語語のコンテンツを追加したセットもございます。

●薬学大辞典+ドイツ語追加コンテンツセット
●薬学大辞典+中国語追加コンテンツセット
代替文字
 
 

英語コミュニケーション講座

英語コミュニケーション講座の詳細はコチラをクリック

   
 
岐阜薬科大学トップへ戻る