【STEP2】パソコンのご案内

愛知大学生のための学習用パソコン



入学後、オンライン授業など様々場面でパソコンを使用する機会が増えてきています。
生協では4年間(2年間)もしくは卒業後を見越して、1年生のうちから自分自身のパソコンを持ち、上級生や社会人になったときに必要なスキルを早めに習得しておくことをおすすめしています。

▶アンケート結果からみるパソコンの重要性
▶先生・先輩からのコメント
 
大学生協
おすすめパソコン
オプション・サプライ
パソコンと一緒に使うと便利な周辺サプライをご案内します
Office活用講座
パソコンを使ったレポートの書き方やプレゼン資料の作成方法を学ぶ講座をご案内します
※イラストの部分をクリックすると詳細ページに移動します




TOPへ
 

アンケート結果からみるパソコンの重要性

 
先輩たちがパソコンで気にしているポイント
多くの先輩がパソコン購入後に改善したいポイントして上げていることは「重量」「バッテリー駆動」「起動・動作」についてです。
 オンライン授業が増えてきている中で、大学内でオンライン授業を受講するためにパソコンを持ってきたり、充電ができない場所などでの使用などを考えてこのような結果になったと思われます。
 今回提案しているパソコンはこのような意見を参考に「軽くて」「1日使える」「高性能」のパソコンをおすすめしています。
代替文字
 
先輩たちがオンライン授業で使用しているものは?
 先輩たちがオンライン授業を受けるために先輩たちが準備しているものは、圧倒的にパソコンです。(31.5%)さらに詳しく見ていくと自分専用のパソコンを使用してオンライン授業を受けているようです。これは、大学内や、自分の部屋でオンライン授業を受けているからです。生協ではこのアンケート結果を踏まえて、自分専用のパソコンを持つことをおすすめしています。
 また、オンライン授業で配布されたプリントを印刷するために「プリンタ」を用意したり、音声をしっかり聞き取るために「ヘッドセット」なども用意されているようです。
代替文字



 
TOPへ

 

先生・先輩からのコメント

代替文字
情報メディアセンター
センター長岩田員典先生
(経営学部 教授)
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

さて、新型コロナウイルスの影響で大学でもオンライン授業が導入されました。オンライン授業に対して賛否さまざまな意見がありますが、時間や距離にとらわれないという利点から今後も活用されていくはずです。このようなオンライン授業などで必要となってくるのがパソコン(PC、2 in 1 PCも含む)です。授業を受講するだけならタブレットやスマートフォンでも可能ですが、課題に取り組んだりレポートを作成したりするには PC が必要不可欠です。これは、課題の実施や社会に出てからも利用することとなるソフトウェアの大部分が、タブレットでは機能が限定されていたり、そもそも動作しないことがあるからです。また、キーボードを利用した方が高速かつ正確に文字入力しやすいという利点もあります。これらの点から、大学生活ではタブレット・スマートフォンだけでなく PC を大いに利用してもらえればと思っております。
文末になりますが、例年にもまして大変な状況を乗り越えてこられたみなさんが、実りの多い大学生活を送られることを願っております。
 
代替文字
国際コミュケーション学部 新4年 
M.Rさん
オンライン授業には自分専用のパソコンがあると便利です

 私がオンライン授業で苦労したことは、ZOOMやMicrosoft Teams使ったライブ授業です。私は国際コミュニケーション学部英語学科に所属しており、英語の授業がほとんどライブ授業であったので数が他学部の学生に比べて多かったです。なのでパソコンを使用する機会がとても多く、自分のパソコンを持っていてとてもよかったと思います。大学内のメディアセンターという場所には数十台ものパソコンがあり自由に利用できるスペースや、ノートパソコンの貸し出しサービスもあります。ですがパソコンの使用頻度が高いため自分専用のパソコンを持つことをおすすめします。またオンライン授業になってからパソコンを持ち運ぶ機会が増えました。理由としては、対面でテストを行うことができなくなったのでレポート課題が増えたからです。私は一人で課題をすることもありましたが、友人と集まってレポートもしていました。その際パソコンが軽量のものであればとても便利だと思います。現在私が使っているものは軽いのでとても助かりました。
 



TOPへ
受験生・新入生の方へトップへ戻る