食堂パス利用規則

食堂パス利用規則

第 1 条(食堂パスの実施)
愛知大学生活協同組合(以下「生協」という)はIC組合員証で、生協が指定した利用期間及び指定した1日当 たりの利用限度額の範囲内で、生協が指定する食堂等の店舗(以下(指定店舗)という)でICカード対応機器 の認証で食事等を利用すること(以下、食堂パスといいます。)を許容する。
2 生協の組合員は、食堂パス利用期間に対応する生協が指定した金額を、現金を添えもしくは生協が指定す る金融機関口座への払込をもって申請することにより、生協が指定する日から、IC 組合員証によるミールシス テムが利用できる。(以下「会員」という)
3 食堂パスを利用できる指定食堂等については、別途定め、利用申し込み案内等で会員に明示する。

第 2 条(食堂パス利用の期間・1 日あたり利用限度額・利用可能商品等)
生協は、食堂パステム利用の期間、1日あたり利用限度額及び食堂パスで利用できる食事等商品の範囲を定め、 これを会員に通知するものとする。
2 食堂パスは本人利用限定で、他人の分の購入や他人への貸与等はできないものとし、会員は、これに反し た場合、生協でミールシステムの利用停止措置ができることをあらかじめ承諾するものとする。
3 食堂パス申し込みにかかる入金額に対する利息は、利用の有無、入金期間を問わず無利息とする。

第 3 条(食堂パスが利用できない場合)
会員は、第2条に定める事項以外に加え、次の場合には食堂パスが利用できないことをあらかじめ承諾するも のとする。
一 生協から脱退し、生協の組合員でなくなった場合
二 カードの紛失、汚損等により、食堂パスの読み取りが不可能な場合
三 指定食堂の端末機が停電、故障等のやむを得ない事情により利用できない場合
四 本利用細則から著しく逸脱した行為を行い、利用を一時的に停止されている場合
五 不可抗力(天災、暴動、流行病、政府・自治体および大学の命令)などのやむを得ない事情により計画外 に食堂店舗を閉店した場合
六 その他会員の事情により、カードを所持していない場合

第 4 条(食堂パスの紛失・汚損等)
会員は、IC 組合員証の紛失、盗難、汚損・読み取り不能、その他組合員証の再発行を必要とする場合には、生 協が定める規定に従い、IC組合員証の再発行を受けるものとする。
2 食堂パス利用期間内である場合、生協は会員に対して再発行された IC 組合員証に食堂パス機能を設定す るものとする。

第 5 条(食堂パス利用時の返品および返金)
ミールシステムで購入した食事等の商品についての返品、返金は、レジ操作ミスなど生協の過失による場合の 他は受け付けない。

第 6 条(食堂パス期間中の解約および返金)
生協がやむを得ない事情と判断した場合に限り会員が、ミールシステム利用期間中において解約することができる。
2 会員が食堂パス期間中において解約をする場合は、生協は会員から生協所定の手続きによる申し出を受け て、食堂パス未執行代金を返金する。
3 解約による未執行代金とは、食堂パス購入価格から、実際に利用した金額を控除した金額とする。マイナスとなった場合は、返金はないものとする。
4 解約は会員が学生の場合は保護者の同意が必要とする。また、返金は生協が指定した方法で行い、その際 に発生する手数料がある場合は会員が負担する。

第 7 条(食堂パス利用期間終了後の未執行代金返金)
食堂パスの利用期間が終了した時点で食堂パス利用累計額が食堂パス購入価格に満たない場合、その差額を返 金する。
2 返金は生協が定めた方法で行い、その際に発生する手数料がある場合は会員が負担する。

第 8 条(改廃)
生協は、IC カードの基本原則の変更による効力・機能サービスの充実・合理化、利用者の便宜向上、 社会経済状況の変化への対応、その他サービスの円滑な実施のための必要がある場合に、本約款を変 更・廃止することができます。
2 前項の場合、生協は、本約款を変更・廃止する旨、変更後の本約款の内容及び変更・廃止の効力発 生日について、変更・廃止の効力発生日までの間に次に定める方法を適宜活用して、利用者への周知を 図ります。
(1) 店舗での掲示
(2) Web サイトへの掲示
3 この約款の変更・廃止は、生協の理事会の議決によります。

第 9 条(施行)
本規則は 2019年12月 6 日から施行する。
トップへ戻る