学生生活のスタートは生協加入から!

資料請求はコチラから

生協・共済への加入手続きはWEBで行います。あわせてキャンパスペイのチャージ申込みもお願いします。

生協・共済・キャンパスペイ
もっと詳しく説明を聞きたいときは…

申込手続きを進める

よくあるご質問

生協って何ですか?
大学生協は、学生・教職員が自分たちの大学生活をよりよくするために設立した組織です。金城学院大学生協は、金城学院大学内で大学から業務委託を受け、学生食堂・購買部の運営、教科書・教材の販売、住まい探しのお手伝い(不動産業者への紹介)など、学生・院生・教職員の福利厚生充実のための様々な事業を行っています。
生協には入らないといけないのですか?
金城学院大生協は金城学院大の学生・職員・教職員の皆様からの出資金をお預かりし、それを元にさまざまな商品・サービスを提供しています。生協の店舗や食堂、その他サービスの利用は、生協法により、当生協に加入してご利用ください。2018年度新入生の生協加入率は95%です。
生協に入るにはいくらかかりますか?
一口の出資金額は5,000円で、4口20,000円の出資をお願いしています。なお、出資金は卒業時に全額返還いたします。
生協に入るとどんなメリットがありますか?
  • 組合員証IC機能を利用したキャッシュレス機能「キャンパスペイ」が利用できます。
    「キャンパスペイ」は教科書購入にも使えます。キャンパスペイは生協加入がないと利用できません。

    キャンパスペイの詳細はこちら

  • 教科書を定価の10%引で購入できます。
    教科書以外にも、書籍・雑誌はいつも10%引きです。(一部商品を除く)
  • 文具や実験用教材を割引価格で購入できます。
    文具は定価の2割引きです。(一部商品を除く)
  • 生協提携自動車学校への生協料金での入校
    一般料金よりもお得な生協料金で入校できます。
  • 学生総合共済とあわせておすすめする保険にご加入いただけます。
  • 安心安全な学生食堂が利用できます。
他の保険に入っているので、共済には加入しなくてよいですか?

すでに加入している保険・共済があっても、あわせて⽣命共済への加⼊で、⼿厚い保障をおすすめします。

理由1高校⽣でも社会⼈でもない⼤学⽣には⼤学⽣の保障制度がぴったりです。

入学する前に、すでにご加⼊の保険・共済の保障内容をご確認ください。

ちなみに他の保険や共済から保険⾦や共済⾦が⽀払われても、⽣命共済の共済⾦は減額されません。

すでにご加⼊の保険・共済の保障内容

理由2⽣命共済は、すべての学⽣の学業継続のための制度です。

【例えば】

  • 医療費だけでなく通院のための交通費などが経済的に負担だから
    ⇒「治療実費ではなく、⼊院等の事実に基づいた定額の保障」
  • 学業継続に大きな影響があるのは扶養者の万が一や入院が⻑引く精神疾患だから
    ⇒「扶養者の万が一への保障、精神疾患で⼊院したときの保障」

さらに 共済掛⾦は⾃分の学業継続のためだけではなく、全国210大学⽣協約72.2万⼈の仲間の学業継続のために使われます。
「学生どうしのたすけあい」の制度である学生総合共済への加入をぜひ、ご検討ください。

「入っていて良かった!」給付実績・給付事例のご紹介

キャンパスペイ・初回チャージとは何ですか?

金城学院大学生協の組合員証には生協が運営する食堂・購買で利用できるプリペイド方式(チャージ式)の電子マネー機能「キャンパスペイ」が搭載されています。

キャンパスペイは教科書の購入等にもご利用いただけます。

キャンパスペイを利用するためには、組合員証にチャージ(入金)をする必要がありますが、新入生の皆さんには組合員証を受け取った日から、すぐにご利用いただけるように「初回チャージ」をお願いしています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

キャンパスペイは、初回だけチャージしておけば使えますか?

初回3万円のチャージをお願いしていますが、3万円を使い切った後は、その都度、専用チャージ機、又は店舗レジでの追加チャージが必要になります。チャージ残高が少なくなると自動的に追加チャージがされる「自動チャージ(Tuoチャージ)」のお申し込みをお勧めします。「自動チャージ(Tuoチャージ)」を申し込んでおけば、事前に現金をご用意いただく必要がなく、手元に現金がない時でも食事や買い物がしていただけます。チャージの限度額があるので、使い過ぎの心配もありません。(自動チャージ(Tuoチャージ)のご利用には、生協のクレジットカード「TuoカードVISA」にこ入会いただく必要があります。)

自動チャージ(Tuoチャージ)について、詳しくはこちらのページをご覧ください。

申込手続きを進める

資料請求はコチラから

新入生応援サイト トップへ

ページの先頭へ