一人暮らしの心得

新入居の時期が狙われる! 勧誘行為への対応の心得


苦惰・相談事例の第1位!……新聞靡鏡の勧簡
イメージ新築のアパートやマンションは100%狙われます。引越し時に待ち構えていたり、入居後にしつこく訪問勧誘します。
エリアの販売店の人も熱心ですが新規勧誘専門部隊の人だったりすると数倍も強硬でしつこい勧誘と言われます。
「お届け物です」と言ってドアを開けさせ、新聞社名入りのタオル1本の「お届け物」でしつこく新聞購読の勧誘をされ契約させられてしまったというケースも多いようです。ドアを開けないのが一番の防衛です。出入りの時の勧誘は、購読するつもりが無ければはっきりと「お断りします!」で振り切りましょう。おおむね数日で引き上げてしまいます。

苦情・相談事例の第3位!……・NHK視聴契約
玄関にNHK契約シールが貼ってないと「テレビの受信契約をしてください!」と訪問営業がされます。入居学生の親御様からは管理会社へ問い合わせが寄せられます。
「NHK受信契約をしないといけないのか?」
「NHK受信料は共益費の中に入っているのではないのか?」
「ケーブルテレビの場合は別途NHK受信料は不要ではないのか?」
「オートロックなのになぜマンション内に入って営業行為がされるのか?」
 
管理会社としては、NHK受信契約については各個人の判断で対応していただきますようお願いしています。
 
単身学生の場合のNHK地上波受信契約は「家族割引」により50%割引の対象です。
ただしご実家でのNHK受信契約をされていることが必要です。管理会社又は大学生協を窓口にお申し込みができます。訪問営業で一般契約をしてしまうと割引がされませんので注意してください。

苦情・相談事例の第2位!……悪質な訪問販売
「手を変え品を変え」とはまさにこのことです。「消防署のほうから来ました!」と高額な消火器を売りつける手口と同様な事例が多くあります。
「管理会社の
ほうから台所換気扇のフィルターを取り付けに来ました!」「NTTのほうからインターネット工事に来ました!」などが多発しているケースです。工事風の服装にもだまされないこと。
 
マンションの管理会社や家主が事前のお知らせも無く、いきなりエ事業者が入居者を訪問することはありません。
また、中には「今、この地域でモニターを募集中です」「今がキャンペーンでチャンスです」など甘い言葉で誘う場合もあります。
管理会社からの贈る言葉は「学生にとって有益な訪問販売などありません!」の一言です。

騙されたのかな?おかしいな?そんな時はいち早く相談を!
まずは1日でも早く!消費生活センターなど行政の相談窓口に電話して相談してください。
訪問販売や電話勧誘販売などは8日間以内なら無条件で解約をすることができます(クーリングオフ制度)。

pagetop