一人暮らしの心得

セキュリティの七訓

オートロック玄関…絶対安心とまではいかないがやや安心

新しいマンションタイプの集合住宅の場合、エントランスの集合玄関にオートロックシステムが採用され、カギまたは専用カードが無いとマンション内に入れないようになっています。不要な人の出入りを規制する効果がありますが絶対安心とまではいきません。待ちかまえていて入居者の出入りに合わせて入り込む者、玄関からインターホンで入居者を呼び目的を偽って入り込む者、玄関以外の廊下や階段部分を乗り越えて入り込む者など、不審者はいろいろな手を使って入り込んできます。でも、不審者も何もないよりはガードの固いマンションは敬遠するので一定の効果はあります。

住戸のドアとカギ…どれも同じではない。自己防衛を。

写真

アパートやマンションの住戸ドアは自分の生活領域と外界の境目となるので安全・安心な設備となっていることが重要です。まずはピッキングに強い施錠とすること。カギの種類も重要ですが、できれば補助錠をつけて二重ロックとするのが一番効果があります。建物やドアを傷つけない補助錠もありますので取り付けてもいいかどうか大家さんか管理会社に確認しましょう。ドアスコープや郵便受けが付いている場合は内側から小さなカーテンのようなものを付けて室内を覗かれないよう防衛しましょう。

 

ベランダの窓ガラス戸…いま、最も被害が多い侵入手口

ピッキング以上に多い窃盗の手口はベランダの窓ガラス戸のカギ(クレセント)の部分を割って侵入するケースです。特に1階の部屋で被害にあうケースが増えています。最も効果があるのはガラスに「防犯シール」を貼る方法ですが何万円もかかってしまいます。ガラスが割れてもサッシのカギが開かなければ侵入される危険は少ないので、サッシに補助錠を取り付けるのが現実的な対策です。サッシの形状によって補助錠も種類が違うので鍵屋さんかホームセンターなどで相談して購入すると良いでしょう。

プライバシー防衛…隠遁の術が賢い。

写真

単身用アパートやマンションは住んでいるのは一人暮らしなのが明らかなので狙われやすいです。部屋の住人の素性を隠すこと。特に女性は要注意です。郵便受けや表札の名前欄は書いても名字しか書かない! 性別隠匿。部屋のカーテンもできるだけモノセックス?な色選びをすること。洗濯した下着類は見えにくいように干すこと。

訪問販売…学生に有益な訪問販売など絶対に無い!

都市部のアパートやマンションの場合は特に悪質な訪問販売が多い。「消防署の方から来ました」は古い手口ですが「換気扇の点検です」とか「お得なインターネットのご案内です」など五十歩百歩の手口で室内に入り込み強引なセールスを行います。「いい話」らしく感じても決して相手にしないことが一番です。最も有効な対策は居留守です。

自転車どろぼう…許せないが自己防衛しかない!

写真

都市部のアパートやマンションでの自転車・バイクの盗難、バイクの部品のどろぼうはメチャクチャ多いのです。盗られたら怒り心頭悔しさ万倍ですが自己防衛以外に期待できる対策はないのが実状です。絶対にカギは二重(2つ)つけること。1つは自転車(バイク)とどこかを結びつけて固定して施錠すること。少し離れたところに移動してカギを壊す手口が多いからです。新品は購入の時に防犯登録と合わせて盗難保険に入っておくこと。あまりに高価な自転車は買わないこと。どうしても高価な自転車に乗りたい人は分解して室内保管するしかありません。

管理水準…管理サービスも家賃のうち!

アパートやマンションを選ぶ場合、その物件の日常管理はどうなっているにかは大切なことです。大家さんが近くに住んでいていつも見てくれているのか、管理会社が管理業務をしているのか、入居者が困ったときに素早くちゃんとした対応をしてもらえるのか…確実な判断は難しいのですが、物件の紹介や斡旋の説明を受けるときに「管理はどうなっていますか?」と一言聞いて、物件比較の評価点の1つとして参考にしましょう。

pagetop