就職活動〜やっぱり「見た目」も大切

皆さんは「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?
「メラビアンの法則」とは、メラビアンという心理学者が、人は誰かと初対面であった時に受ける印象を決定付ける要素を分析したものです。そこでは服装や表情、動作などの要素が55%も占めるとされています。一方、話の内容はたった7%しか印象に残らないと言います。また、第一印象は最初の6〜7秒の間で決まってしまうとも言われています。もちろん、就職活動が見た目の第一印象だけで決まるとも言われています。
もちろん、就職活動が見た目の第一印象だけで決まることはありませんが、面接のときに採用担当者に「この人の話を聞いてみたいな」と思ってもらえたら、より自分をアピールすることができるでしょう。
メラビアンの法則円グラフ


リクルートトップへ戻る


  pagetop